スポンサーリンク
スポンサーリンク

櫻坂46【なんラブ】温詞×TomoLowいいね!「五月雨よ」超え?

スポンサーリンク

2024年2月21日に発売予定の櫻坂46の8枚目シングル「何歳の頃に戻りたいのか?」。その全てのTYPEに収録予定の「何度 LOVE SONGの歌詞を読み返しただろう(以下、なんラブ)」の音源とMVが解禁されました。

こちらは、3期生による楽曲。センターを村山美羽さんが勤めています。

タイトルさすがに長いわ!と思いましたが、タイトルが長い時は大抵秋元先生が本気の時。なんラブも例外ではありませんでしたね!

出典:https://twitter.com/

スポンサーリンク

「五月雨よ」の温詞×TomoLowによる櫻坂46「なんラブ」

ピアノのイントロから始まる「なんラブ」。バラードかと思いきやそこから疾走感ある曲調へ向かうのですが、全体的にピアノのサウンドがとても印象的です。

特にサビ前のピアノとかちょっと斬新ですよね、ここで一瞬静かになるのか!と。

このピアノサウンドをはじめとしたトラックも耳に残りますし、メロディーも綺麗です。表題のようなバキバキダンスとは違ったダンスが見れるのも、作曲・温詞さんと編曲・TomoLowさんがいてこそ。

温詞さんとTomoLowさんのコンビは、櫻坂46と日向坂46ではもはやおなじみとなってきましたよね。櫻坂46では「五月雨よ」。日向坂では「僕なんか」。今回の「なんラブ:で3曲目となります。

中でも「五月雨よ」はBuddiesの中でも特に人気の楽曲。「Start over!」などに比べるとやや地味ですが、どこか懐かしいフォークを彷彿とさせるメロディーが心に響きます。

「なんラブ」も疾走感あって3期の勢いを表現しつつ、メロディーがやはりいいですよね。これを3期曲に持ってくるあたり、秋元先生も運営もさすがですよ。

3期曲は「夏の近道」、「静寂の暴力」など神曲揃いですが、「なんラブ」も神曲でした。「五月雨よ」に続く温詞さんとTomoLowさんコンビによる新たな名曲ですね。

温詞さんとTomoLowさんには今後も関わってほしいです!

(Visited 84 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク